村松開人の家族!彼女!兄・遼太朗さんも静岡高校で2度甲子園出場!

村松開人中日ドラゴンズ
スポンサーリンク

明治大学の主将としてリーグ春秋連覇と明治神宮大会優勝に導き、中日ドラゴンズに入団した村松開人選手について取り上げます。

村松選手のプロフィールや野球歴に加え、家族や彼女について紹介します。

父親も元高校球児だったり、兄も弟と同じ静岡高校で甲子園に2度出場し現在は社会人野球でプレーしている事なども紹介します。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

この記事で分かること
  • 村松開人は静岡高校時代に2度甲子園に出場
  • 村松開人の兄も静岡高校出身で2度甲子園に出場
  • 村松開人の母は野球のスコアブックを付ける事が出来る
  • 村松開人の“開人”の由来
スポンサーリンク

村松開人のプロフィールと野球歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

村松開人(@kaito_muramatsu5)がシェアした投稿

  • 名前:村松 開人(むらまつ かいと)
  • ニックネーム:マルムシ(※大学時代)
  • 年齢:22歳
  • 生年月日:2001年1月6日
  • 出身:静岡県牧之原市
  • 身長/体重:171cm/80kg
  • 高校:静岡県立静岡高校
  • 大学:明治大学
  • ポジション:投手
  • 投打:右投左打
  • プロ入り:2022年ドラフト2位
  • 背番号:5
  • 所属チーム:中日ドラゴンズ
  1. 牧之原少年野球団(牧之原小学校)
  2. 島田ボーイズ(牧之原中学校)
  3. 静岡高校
  4. 明治大学
  5. 中日ドラゴンズ

村松選手は牧之原小学校2年の時に「牧之原少年野球団」で野球を始めました。

牧之原中学校時代は硬式野球のクラブチームの「島田ボーイズ」に所属し、中学3年時には夏の大会で全国初進出を達成しました。

高校は3学年上の兄も在籍した静岡高校に進みます。1年の秋から遊撃手のレギュラーに定着し、甲子園には2年の春と3年の春の合わせて2度出場しました。

どちらの大会でも1番打者として出場しましたが、2年春は2回戦で大阪桐蔭高校に敗れ、3年春は3回戦で東海大相模高校に敗れました。

高校卒業後は明治大学へ進学。同大学では二塁手としてプレーし、レギュラーに定着した3年春にはリーグ3位の打率.366の成績を残し二塁手部門でベストナインを受賞しました。

3年の冬から主将を務めますが、2月に右膝の半月板を損傷して手術を受けた影響で4年春はチームは優勝するも自身は代打で3打席のみの出場に留まりました。

しかし秋からは完全復帰し1番打者として出場、リーグ優勝と明治神宮野球大会優勝に貢献しました。

2022年10月20日に行われたドラフト会議において中日ドラゴンズから2位指名を受けて契約金7000万円、年俸1200万円で入団が決まりました。

プロ入り:2022年ドラフト
指名:中日ドラゴンズ2位
契約金:7000万円
年俸:1200万円

なお背番号はちょうど入れ替わりで楽天へのトレード移籍が決まっていた明治大学の先輩、阿部寿樹選手が付けていた5を引き継ぐこととなりました。

スポンサーリンク

村松開人の家族と実家

村松選手の実家はお茶どころで有名な静岡県牧之原市にあります。

村松選手はワンパク小僧だったそうで小学校低学年の頃、茶畑から“茶の実”を拾って投げて遊んでいたらトラブルになり、学校から呼び出されたこともあったそうです。

ちなみに村松選手の開人という名前は「自分で道を開ける人になってほしい」という意味で付けられたそうです。

家族構成は父親の宏明さん、母親の好乃さん、姉の真奈さん、兄の遼太朗さんの5人家族で村松選手は三人きょうだいの末っ子ということになります。

父親・・・宏明さん
母親・・・好乃さん
姉・・・真奈さん
兄・・・遼太朗さん
スポンサーリンク

父・宏明さんは元高校球児!母・好乃さんは野球嫌い?

村松選手の父親の宏明さんは建設現場の管理などを担当するお仕事をされているそうです。

宏明さんもかつて甲子園を目指して高校球児でした。甲子園には出れなかったようですが進学した大学でも準硬式野球部に入って野球を続けられたようです。

身体を動かすのが趣味だったそうで社会人になってからもサッカーやテニス、スキー、スノーボードなどをたしなんだといいます。

また長女の真奈さんがバレーボールを始める時に自身は未経験ながらもコーチの手伝いをするなどバイタリティーのある方のようです。

一方で保育士をしているという母親の好乃さんはそれほどスポーツに関心が無く、野球に関してはむしろ幼少期に父(村松の祖父)が野球観戦のためにテレビを独占していた思い出があり好ましい印象がなかったそうです。

しかしそんな好乃さんは村松選手の兄・遼太朗さんが小学6年の時に野球のスコアブックを付けることになります。

なんでも6年生の保護者はベンチに入ってのスコア係があったそうです。

野球のルールを一切知らなかった好乃さんは宏明さんに教えてもらいながらスコアを付けたそうですが、スコアを付けてみるとどの子がどんな動きをしたのか手に取るように分かり次第にハマっていったそうです。

それで息子さん達が中学に上がってからも自主的にスコアブックを付けていたらしく通算すると1000枚近く書かれたそうです。

スポンサーリンク

兄・遼太朗さんも静岡高校で甲子園出場、現在は社会人野球でプレー!

村松選手が野球を始めたのは4学年上の兄・遼太朗さんが野球をしていたことが大きいです。

村松選手は小学2年の時に両親から「遼太朗が卒団する前の一年間だけ、一緒にプレーしてほしい」と言われ、兄が所属していた「牧之原少年野球団」に入団し野球を始めました。

村松選手は高校は静岡高校に進み2度甲子園に出場していますが、遼太朗さんも静岡高校出身で2015年に春と夏2度甲子園に出場しています。

春の甲子園(第87回選抜高等学校野球大会)では東北楽天イーグルスに所属している堀内謙伍選手らと共にベスト8に進出しました。

遼太朗さんが甲子園に出場した際に両親は村松選手を兄の応援に甲子園へ一緒に行こうと誘ったそうですが、

「甲子園は応援に行くんじゃなくて、出るところだから」

と断ったそうです。

村松選手の負けん気の強さが表れているエピソードですが、実際にその後自分も甲子園に出場してますからまさに有言実行です。

遼太朗さんは静岡高校卒業後、立正大学を経て現在は社会人野球の京葉ガスで投手としてプレーしています。

スポンサーリンク

村松開人に彼女はいる?

私が調べた範囲では村松選手の彼女や恋愛に関する情報は見つかりませんでした。

ただ村松選手は明治大学で主将を担うなどリーダーシップがあり、選手としてもプロ注目の人物でしたから女性からも人気は高かったと思うので彼女がいる可能性はあります。

もし大学時代に彼女がいても村松選手が入団したのは在京のチームではなく名古屋の中日ドラゴンズなので遠距離恋愛になりそうです。

中日ドラゴンズの新入団選手は選手寮「昇竜館」で大卒の場合は2年間寮生活をしなければならず、彼女と同棲することも不可能です。

立浪監督は村松選手に相当期待しているようでルーキーイヤーからセカンドのレギュラーとして使う方針の様ですので選手として結果を出すまでは彼女がいるにしろ、いないにしろ野球に集中して頑張ってもらいたいですね。

タイトルとURLをコピーしました